ポジティブ列車くらぶ

みんなでポジティブ列車にのろうというブログです。

WordPressサイト&YouTubeはじめてみました。

ひっそりと、HP(WordPress)&YouTubeはじめてみました。
 
ただひたすら宇宙&いろんな内観方法について語っています。
(動画編集をがんばろうという姿勢がまったくみられずすいません)
 
今後はこっちの更新がメインになるかと思います!
 
よろしくお願いします~👽
 

みんな今世でやりたいことが違うから、価値観が合わなくて当たり前。

破壊と再生の2020年。
 
世界情勢等みていても、色々と過去のカルマが噴出している感じがします。
 
先日の講演会でバシャールが言っていたことを、いろんな方がYoutubeに載せてくださってます。
 

www.youtube.com www.youtube.com 

バシャール曰く、今はまさにポジティブ列車とネガティブ列車の二極化へ進む分かれ道に差し掛かっていて、私たちは『針の穴』の間を通っているような状態だそう。

 

とにかくいま必要なことは【手放し】

 

『針の穴』というくらい細~~いところを潜り抜けていくので、重い周波数、ネガティブなエネルギーをまとっていたら通過できない。

 

だから今~9月頃までの間は特に、本気で、ごまかさずに、不要なものを取り除かないといけない時期となり、そのための5ステップが以下だそうです。

 

覚醒の5ステップ

①すべての人を許す

②自分を許す

⓷過去のリンクを外す

④未来のリンクへつながる

⑤①~④をやり、今この瞬間をワクワク過ごす

 

詳細は上の動画等をご覧いただきたいのですが、私自身も含め、正直、これできている方、まだまだ少ないんでは…??

 

現実は自分の内側の反映なので、

「あんなひどいことをしたあいつだけは許せない」

とか

「自分を責めちゃうクセは止められないけど仕方ない」

とか

「過去のトラウマぜんぜん癒えてないけど、これは別腹」

とかとか、そういう例外はナッシング。

 

逆説的ですが、自分の内側に誰かや自分を許せていないことがあるから問題が外に出てきているのであって、自分がいまの視点を抜けて、すべてに対し愛をもって許せるようになれば問題はきっと消えていくんですよね。

 

私自身は特に②~③がまだまだあるな~と感じていて、昨日集中して考えてみました。

 

みんな今世でやりたいことが違うから、価値観が合わなくて当たり前 

 

私、先日会社をやめたんですけど、最近の悩みとしては「今後個人で活動していく際に、宇宙やスピリチュアル要素をどの程度出していくか」ということ(笑)。

 

それはやっぱり「人からどう思われるかな?受け入れられるかな?」とかいう気持ちです(何をいまさらって?)。

 

この状態ってまだまだ「恐れ」とか「人に〇〇と思われたい」とかいう自我欲に執着していて、自分軸より他人軸になってしまってる状態です。

 

本当の意味で自分を愛し、信頼して、自由に生きることを許すということができていません。

 

現世(特に日本)では、周囲に合わせるのがデフォルトなので、私と同じように、何か挑戦したいことがあっても、周囲(とくに家族や、友人、職場の人とか)の目や反応が気になって一歩が踏み出せない、みたいな方、結構多いのではないでしょうか。

 

しかし、宇宙的に考えると、ひとりひとりが自分のやりたいことのシナリオをもって、自分を選んで生まれてきています。

 

地球の、しかもわざわざこのアセンション時期を狙って生まれてきている私たちは

『本当の自分に目醒めた状態で、肉体をもって生きる』

という、めちゃくちゃ面白い体験をしたくて来ているようなんです(ハイヤーセルフの意識状態で人間として生きるみたいな感じ)。

 

それであれば、きっと超ワクワクするオリジナルのシナリオを作っているはずで、わざわざだれかと同じようなシナリオを作っていないと思うんですよね。

 

今の世の中の問題のほとんどが「他者との比較や競争から生まれている」と思うのですが、もしそれぞれが本当の自分に目醒めて、自分のシナリオに集中していけば、他人のことも気にならず(というより自分の人生の方が楽しいから気がいかない)世界がものすごく楽しく幸せになるんじゃないかと感じています。

 

そう考えていくと、根本的に人はひとりひとり今世でやりたいことが違うんだから、価値観が合わなくて当然といえるかもしれません

 

みんなそれぞれ地球でやりたいことがあって、進み方も速度も違う。

 

だから、人目を気にしたり、比べたり、誰かに承認を得ようとしたり、誰かに対してとやかく言うこと等、すべてが無意味。

 

もし自分が目醒めてやりたいことを始めた結果、誰かに批判や嫉妬をされたとしても、もしかしたらそれは相手も「そう生きたい」と感じたから反応しただけかもしれない。

 

もちろんすぐにはそう思えなくても、できるだけそう切り替えて

『私には私の、相手には相手の地球でチャレンジしたいことがある。それぞれが常に今、パーフェクトなんだ』

と信じて、自分の感覚に従って進もうとする意識がとても大事、という気がしています(ということで、宇宙やスピリチュアル要素、今後がっつり入れていきます)。

 

未来とリンクする

こういう悩みとか葛藤とか恐れといった「自分中心の意識」に執着がある時って、とにかく自分のエネルギーが重くなっちゃうんですね。

 

だからそんな自分をつい責めてしまいそうになるのですが、それって性格というよりは、これまでは「地球の低い波動に合わせるためにエネルギーを重くしておく必要があった」からクセになってるだけ。

 

でも今は地球の波動が上がっているので、もうその必要がなくなってます。

 

これまではその問題に向き合って統合ワークで手放すって方法が主流でしたが、バシャール的にはそれはちょっともう「古い」みたいです(笑)。

 

問題にフォーカスするだけだと抜け出せなくなっちゃう方も多いので、ハイヤーとか高い視点(未来のリンク)と繋がって引っ張ってもらう感じがオススメとのこと。

 

www.youtube.com

 (こちらの動画わかりやすかったです!)

 

この未来にリンクする方法として私が最近やっているのは、

 

①瞑想をして「何の制限もなかったら本当の本当は何がしたいか?」イメージする。

②そのイメージの中で、感じている喜びや楽しさを全身で感じて、にやにやする(笑)。

③宇宙に「おかげさまで、これ(イメージの中でやってること)ができました、ありがとうございます」と完了形で投げる。

④地球にグラウンディングする。

⑤その後、日常で浮かんできたインスピレーションをキャッチして、行動に移す

(②のパラレルワールドにいる自分に協力してもらいながら行動するイメージ)

 

みたいな感じです。

 

その間に外したいものが出てくれば、統合ワークもやっていますが、未来視点もプラスすると波動が上がる感じとか、割と普段の自分ではやろうと思わないだろうな、というアイディア(ちょっとハードル高めだったりします)が湧いてきたりするので何となくよさそうです。

 

今の世の中的に外側の世界だけをみていると「これから世界はどうなっちゃうの~!?」って不安になってしまうかもしれませんが、再生前のデトックスだと信じて、コツコツ自分と向き合い不要なものを手放していきましょう!

 

LOVE♡♡♡

 


スピリチュアルランキング

【宇宙の推し】藤井風さん/ハイヤーセルフの嘆きソング『何なんw』。

最近の私は、寝ても覚めてもエンドレス藤井風氏。

藤井風さんて?

もはや超人気者になっておられるので、私があらためて紹介するのも気恥ずかしいのですが、念のためご紹介。
 
"藤井風さんは岡山県出身のミュージシャン。
3歳の頃からピアノやサックスなどを学び、小学校の終わりにお父さんに言われた「これからはYouTubeの時代」をきっかけにピアノカヴァー動画をYouTubeにアップ。
天才的なピアノ技術&歌唱力、ちびまる子ちゃんコスや変なヅラ、しまむらで買ったような服でさえなぜか異様にカッコいい。
その唯一無二の存在感で、2020年1月に『何なんw』でデビュー。
5月20日発売された『HELP EVER HURT NEVER』はビルボード総合アルバム首位。”
 
と、デビューから約半年足らずで超人気者になっているお方です。

 

最初みた時ですね、ものすごく衝撃的だったんです。
 
イケメンだとかピアノや歌がすごいとか以前に、この方、なんだか異様に、藤井風以外の何者でもない
 
人前に出るときって、ちょっとよく見せようとか、その世界の常識に合わせようとか「本当の自分からちょっとずれがち」だと思うんですが、そういうところがなんかもう、驚くほどない。
 
喋ると岡山弁丸出しだし(萌え)、むだな自己顕示欲や自己否定感みたいなものも感じない。
 
常に藤井風以上でも以下でもない感じ。
 
んな人、なかなか見たことありません。
 
それがあまりに魅力的で、なんでなんだろう?と動画を観まくっていたのですが(ただハマっているだけともいう)、おそらく風さん『エゴ(自我欲)』がものすご~く少ないのではないか?と感じました。
 
宇宙的に言うと『自分のハイヤーセルフとしっかり繋がって生きている感じ』とでもいいましょうか。
 
だからいつも愛と優しさに溢れていて、ものすごく波動が高い=観ているだけでこちらの波動が上がる&人を惹きつけるエネルギーがハンパない。
 
もうね、吸引力がダイソン越え
 
まだ若いし、デビューしたばかりなのに、なんでこんな雰囲気が出せるんだ?といろんなインタビューなどを見ていたら、風さんがめちゃくちゃスピリチュアルに生きているんだということが判りました。
 
ということで、今日は宇宙的視点から風さんを語ってみます(笑)。
 

ハイヤーセルフの嘆きソング『何なんw』

まずはこのめちゃくちゃ格好いい『何なんw』のMVメイキング2本→実際のMVをご覧ください。
 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

風さんはこの曲を「誰しもの中に存在するハイヤーセルフを探そうとする歌」と言っています。
(MVの中で風さんと一緒にいる白い服の方がハイヤーセルフの役だそう。その周りの方はガイド?MV撮影中、神や天使の存在を感じられたとも)
 
ハイヤーセルフって何なん?って方は過去記事をご覧ください。

muratalita.hatenablog.com

 
ちょっと『何なんw』の歌詞を引用拝借。
 
 あんたのその歯にはさがった青さ粉に
 ふれるべきか否かで少し悩んでる
 口にしない方がいい真実もあるから
 

f:id:muratalita:20200529141526j:plain

たくさんの海外の俳優さんに囲まれながらクソイケてる顔で「歯に挟まった青のりの話」をしている風氏。
 
 …知らない方が良かったなんて言わないで居て
 何があってもずっと大好きなのに
 どんなときも ここにいるのに
 近すぎて 見えなくて ムシされて
 
はい、これ。
ハイヤーセルフの気持ち、代弁しちゃってる。
いつも一緒にいて、めちゃくちゃ愛してくれているのに、ほとんどの人は気づいていない。。
 
 雨の中一人行くあんた
 心の中でささやくのよ そっちへ行ってはダメと
 聞かないフリ続けるあんた
 勢いにまかせて 肥溜めへとダイブ
 
ハイヤーセルフはいつも私たちに
『感情、直観、インスピレーション、ハートの感覚、ふと目についた言葉』
などから「こっちこっち!」とたくさんヒントをくれてます。
 
でもそれに気づかないフリして、もっとしんどい最悪の環境(肥溜め…)に自ら飛び込んで行っちゃうって感じですね。

 

 それは何なん
 先駆けてワシは言うたが
 それならば何なん
 なんで何も聞いてくれんかったん
 その顔は何なんw
 花咲く町の角誓った
 あの時の笑顔は何なん
 あの時の涙は何じゃったん
 
もうたぶんこれ、世界中のハイヤーセルフが毎日思ってるんでしょうね。
 
「え、てゆうかめっちゃ言うたやん。めっちゃメッセージ送ったやん」
「その顔何なんw。あんたがワシの声ムシして、自分のやりたいようにやっただけやんけ」
「あの時、これからは自分の気持ちに正直に生きる!とか泣いて言うとったやん。あれ嘘だったん?」
 
つって。
 
 真実なんてもんはとっくのとうに
 知っていることを知らないだけでしょう
 
『自分の内側にすべて答えはある』
それを我々は地球に来ると忘れてしまいます。
 
 目を閉じてみて 心の耳すまして 優しい気持ちで
 答えを聴いて もう歌わせないで
 裏切りのブルース
 それは「何なんw」
 
私たちが心の声を無視をすること=ハイヤーセルフを日々裏切っている。
 
『あなたに幸せになってほしいだけなんだから、怖がらないでちゃんと聴いてよ』
 
というハイヤーセルフのメッセージ。
 
 
 
ほら、見えます?
 
 
 
世界中のハイヤーセルフがスタンディングオベーションしちゃってる。
 
「よくぞ言ってくれた!KAZE最高!」
「Amazing!KAZE」
「うちの人にも聴かせたい!」
「うちも!」
「うちも!」
 
つって。
 
※ちなみに風さん、この歌詞が浮かぶまで神棚に置いといたらしいです。
※風さん、英語がお上手ですが、帰国子女とかではなく、生粋の岡山県里庄町です。
いろんなサポートが働いちゃってる気がしてなりません(笑)。
 

目醒めさせる人

その他にもハッとしたエピソードを書いてみます。
  
◎アルバムタイトル『HELP EVER HURT NEVER』
「常に助け、決して傷つけてはならない」
サイババが提唱する教えです(元はインドの聖典由来)。
サイババは身体だけでなく、行動や話し言葉、書く言葉によってさえ誰も傷つけてはならないと言っています(言葉は人を興奮させたり苦しめたり動揺させるものではなく、常に真実で快く、善を語ること)。
また、この対象は、他人はもちろん自分自身に対してもということで、サイババは「自分を傷つけている人が他を傷つけないようにすることができますか?」と言います。
 
風さんはこの教えをモットーにしているご様子(本当に体現してる…!)。
 
◎MVの中で風さんが瞑想しているシーンについて
風さんの生活の一部だそう。
日々整えてらっしゃるのですね。
 
◎手放したいもの
常にネガティブな感情(エゴ、利己心、嫉妬など)やエネルギー、肉体への執着を手放し、明るく軽くポジティブで居ようと心掛けているそう。
 
◎『調子のっちゃって』の歌詞
  もう二度と犯さない 恥ずかしいカン違い
  自分で一人 生きてきたって 果たしたって
  当たり前なんてない
  自分のモンなんてない
  その一瞬の隙を運命は 見逃してくれない
 
◎『帰ろう』の歌詞
  ああ全て与えて帰ろう ああ何も持たずに帰ろう 
  去り際の時に 何が持っていけるの
  一つ一つ 荷物 手放そう
  憎しみ合いの果てに何が生まれるの
  わたし、わたしが先に 忘れよう
 
⇒私たちが本来宇宙の存在であり、神(創造主)の愛の元に生かされていることを書いているような歌詞が多いです。 
 
風さん、ものすごい中毒性が高いのですが、風さんを見ていると
 
『その人が、まんまその人として自分の人生に集中していることが、一番魅力的でたくさんの人に愛や影響を与えるんだよ』
 
というお手本を見ているよう。
 
見れば見るほど「風さんのように、いつも自分自身で在ろう」と感じます。
 
風さんから自我欲(お金をガンガン稼ぎたいとかちやほやされたいとか)を感じないので、風さんにとって『音楽で表現すること=神様に与えられた仕事』であること、その活動によって人々を目醒めさせる役割であることを覚悟してデビューしていらっしゃるように感じます。
 
宇宙がゲキ推ししたくてたまらない方だと思うので、これからきっと世界中で知られていくことになるかと思いますが、人の欲にあたると疲弊してしまうタイプっぽい気がするので、どうぞ、心身共に健康でご活躍してくださることを祈っております(ポジティブなエネルギーを送りまくります 笑!)。
 
風さんに続き、我々も未開の地に進みましょうぞ。
 
LOVE♡♡♡
 

スピリチュアルランキング

宇宙メッセージ:『私』という素晴らしい生命。

ご無沙汰しております。

宇宙的に暮らしていたら、いろんなことが猛スピードで変わってしまい、すっかりブログ更新を怠っておりました(言い訳)。

 

さっき、寝っ転がっていたら、宇宙メッセージ的なものがありましたので、久しぶりに書いてみます。

 

***

 

あぁ『私』という素晴らしい個性。

世界中、宇宙中、どこを探してもひとりとして同じ存在はいない。

 

あぁ『私』という、なんと尊い個性。生命。

その素晴らしさ。奇跡。

 

神様はそれぞれに、必ず、おのおのの良さを与えてくださった。

優劣はありません。

それぞれが、そのままで、完璧なのです。

 

それなのに、あなたたちは

良いだの悪いだの

正解だの間違っているだの

まだその世界を続けるのですか?

 

集団であれ、個人であれ 

戦い、争いの中にいる限り、何も解決しません。

 

人と比べ、自分の素晴らしさを開花させる努力を怠って

それを悔いることになるのは、いつかのあなたたち自身であるというのに。

 

なぜまだわからないのですか?

 

宇宙は悲しんでいます。

 

なぜ、自分の良さをもっと見ようとしないのですか?

なぜ、自分と向き合うことを恐れるのですか?

なぜ、自分の命を輝かせることをしないのですか?

なぜ、違いにこそ良さがあると認め、讃えあうことをしないのですか?

 

争い、傷つけあうことは、ほんとうに楽しいですか? 

 

私たちは悲しいのです。

 

あなたたちが己の命を

地球での限りある生命の期限を

どうしてもっと大切に、自分のために生きないのかと。

 

いつまで生命を粗末にするのですか?

 

あなたがあなたを、真に幸せにしようと決めたら

救いの手は、必ずやすぐそばにあります。

 

私たちは待っています。

 

あなた。

そうあなたひとりから始まるのです。

人に頼るのが苦手という心理⇒協働という生き方へ。

ずっと
 
「人に頼られる」のはぜんぜん大丈夫だけど
「人を頼る」のが苦手
 
でした。
 
たとえばこんなことに当てはまる方いらっしゃいますでしょうか。
 
  • 「何かお手伝いしましょうか?」と言われても「大丈夫だよ」と断りがち。
  • ちょっと複雑で面倒な仕事は、人に任すのは悪いし時間がかかりそうから、自分でやってしまう。
  • 自分でできることは自分でやらないといけないのではないか、と思いがち。
  • 頼られると嬉しく、期待に応えようとする。
  • そのうち頼まれ過ぎて、オーバーワークになり疲弊する。
  • 人に頼らず自分でやれば、自分の能力もあがるし、と無理矢理前向きに思いがち。
  • 「人に頼ること」に罪悪感がある。
  • 人に頼ってクオリティが下がるのが不安。
  • うまく人に頼れる人が羨ましいが、どうも自分にはできない。
 
わたしはまさにこんな感じでした。
 
もちろん頭では、誰かに仕事をシェアしてもらうことで、効率があがったり、相手の能力が伸びたりすることは分かっている。
 
なのになぜ、頼ることが苦手なのか?
 
今回は目を閉じて気持ちを書き出す内観をしてみました。
 
内観実ロク
 
まずでてきたのは
 
誰かに頼ること=甘えている、ずるいこと、良くないこと、自分でできることは自分でやるべき
 
といった気持ち。
 
それはなぜ?どうしてそう思うの?と問いかけていくと、4~5歳頃のイメージが湧いてきました。
 
わたしは3姉妹の真ん中なのですが、小さい頃、姉は割と母に手伝って何かをやってもらうことが多く、妹もまだ小さかったので、母は2人の対応に忙しくしていました。
 
わたしはとにかく食い意地が張っていたので、姉が母にプリンのふたをあけてもらうのを横目に、前歯で無理矢理こじ開ける。
 
お祭りで迷子になっても、大人に頼らず一人で車を置いた駐車場に戻り、体育座りで待つ(両親はやや引いてた)。
 
みたいな。
 
もっと甘えたいという寂しい気持ちはありつつも意地があり言えなかったのか『誰かに頼るより、自分でできた方が格好いいんだ』と思っていたような気がします。
 
場面は進み、小中学校では学級委員長をよくやっていたのですが、 いつも『先生の期待に応えねば』と思ってたような気がします。
 
小学5年生の時、6年生への贈る言葉を担当した際
 
「短い間でしたが、ありがとうございました」
 
と読み上げるはずのところを
 
「短い間、ありがとうございました」
 
と言ってしまい、先生に壇上から降りた後指摘され、失敗したショックと先生に恥ずかしい思いをさせたという罪悪感を今でも時々思い出します(ピュア♡)。
 
どうも『人に頼られる』ことに応えようとばかりしていると、逆側の『人に頼る』ことを、それはしちゃいけないことだ、と否定する思考が出来上がっていくように思います(人に頼ってばかりの人に無性にイライラしたり)。
 
 
内観を進めているうちに、ふと
 
『頼ることと、一緒にやることの違いが分かっていないのでは?』
 
という言葉が閃きました。
 
 
確かに考えたこともなかったと、わたしの中で『頼る』のイメージをさらに書き出していきます。
 
『頼る』=相手をあてにすること、たかること、実力がないのに人に任せていい思いをすること
 
私の中では↑のようなイメージがありました。
 
 
次に『だれかと一緒にやること』のイメージを書き出していきます。
 
『だれかと一緒にやること』=協働すること。それぞれが得意なことを役割分担する。1人でやるより時間短縮になり、クオリティも上がる。お互いに協力し合うことでコミュニケーション力が上がる。技術が上がる。相乗効果が出る。お互いにメリットがある。感謝される。
 
びっくり。
全く違います。
これならぜんぜん罪悪感がありません。
 
ここに行きついた時、自分の中で何かがはがれるような感覚がありました。
 
これまで「人に頼りたくない」と思っていたわたしは、常に気が張っているような、本来の自分より少し自分を強く見せるための鎧を着ているような感覚がありました。
 
それは『頼る』の意味の自分にならないよう、自分を制御していたようです
 
でもできるなら、鎧を脱ぎ捨て、もっとリラックスした、オープンな心で、軽やかに、素のままに生きたい。
 
それであれば、仕事でも、友人関係でも家庭でも人とかかわるときは『だれかと一緒にやること』の意味にとらえて取り組めばいい。
 
そう考えると、やる気が湧き、楽しい気分になります。
 
ここはできないからサポートして欲しい。
わからないから教えて。
これは得意だからわたしがやるね、と手を挙げ合う。
 
その手を「悪いな」と思ったり「私は大丈夫」と振り払わず『一緒に楽しいことをしよう!』と手をとり合っていく。
 
そんな風に、それぞれが得意分野を活かし、熱心に楽しく生きてたら、どんどん協働の輪が広がり、スキルや喜び、エネルギーやお金や感謝が循環していく気がします。
 
これからは、そんな新しい時代がやってくるかもしれません。
 
もし、人に頼るのが苦手、という方は自分の中の言葉の定義をぜひ見直してみてください♪
 
LOVE♥♥♥
 


スピリチュアルランキング